読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MuramatsuGroupKiller spam Library

迷惑メールを色々調べます

偽告訴詐欺:JA・CKS信用情報管理通知センター

いきなり、「あなたを告訴しました」なんて迷惑メール。
未だに来ますよね、私のところにも来ます。

とりあえず本文全部晒します。


JA・CKS信用情報管理通知センター 担当木村<info@kldoqzn6x62p3.top>

下記ご案内に、救済措置が記載しておりますので、諦めずに必ずご連絡下さい。

運営元の担当弁護士より刑事告訴をしたとのことです。至急ご確認下さい。現在、お客様においては、以前登録されました情報サイトにて、月額の利用料金が未払い状態となり、クレジット情報並びに、各金融機関において滞納者として登録されており、このまま放置されますと、各信用情報機関において、ブラックリスト登録となります。

ブラックリスト登録になりますと、クレジットカードを所有することができないばかりか、各金融機関にて口座凍結、携帯電話の利用停止等、不利益な状況となります。

尚、登録されております情報サイトの運営元は、既に訴訟を提訴しておりますので、至急ご確認し、ご対応されますようお願いします。

※未払い情報記録※
請求金額【1,098,560円】
(滞納管理費等の支払いを求めることができる運営会社が現在請求権を持っております。民事訴訟法110条)

指定期限:本通知閲覧後24時間以内

※現時点において、信用情報機関に滞納者情報として記録されております。
このまま放置をされる場合、銀行口座、携帯電話の利用、行政機関における全てのサービスの利用ができなくなる恐れがあります。

ご入金なき場合は、貴殿の利益を喪失させ身元調査により得られた貴殿に関する情報をインターネット上に開示した上で、損害賠償請求実行、並びに詐欺罪等の法的手続きを取りますので念の為に申し添えします。

※重要※
期限の利益を喪失する原因がある場合、債務者の信用状態は悪化しているのが通常です。早めに保全の処置を取ることが必要です。
その第一段階として、期限の利益喪失による一括弁済の催告を内容証明でおこなうのです。内容証明でおこなうことで、裁判での確実な証拠となります。

--未払い情報削除方法はこちら--
↓↓↓
▼未払い情報削除について▼
継続利用の意志がない場合、登録されております情報サイトの登録情報削除申請を行うことで、上記記載支払いを逃れる事が可能となります。
登録情報削除申請を行うことで、退会処理手続きを行うことができ、未払いによる滞納金【1,098,560円】が、全額免除になります。

■退会処理方法■
本通知の本文に[登録情報削除申請]と記載し、そのままご返信下さい。
登録情報削除申請は、本通知閲覧後24時間以内に必ず行って下さい。

退会処理手続きが終わりましたら、現時点において発生してる滞納金が全額免除になり、登録情報等を完全に抹消致します。

【IP情報及び機器情報】
貴殿の閲覧日時、使用機器アクセス元等の情報を記録します。
IP Address:****.***.***.***
[警告]
本通知を確認したのにもかかわらず放置した場合は、法的措置を行います。

※お問い合わせについて※
電話による問い合わせはしておりません。
メールにて問い合わせをして頂けますようお願いします。



こんな幼稚な文章に騙されて、返信しないでください。
会社名が一切出てこない、連絡先が見るからに怪しいメールのみ、IP Addressは私が伏せ字にしたのではなくて最初っから伏せてある。
本当に告訴されたら裁判所からお手紙来ますから。なんの脅しにもなってませんね。

本当なら返信して情報を集めたいところなんですが、私だと即バレしてしまうケースなのでとりあえずやめときます。
調査用ではなく、晒したメアドに送ってきてます。喧嘩売られてるんですかね。

 

さて本文だけ晒しても面白くないので、メールヘッダも一部晒しましょう。

 


Received-SPF: pass (re27.leadw.link: domain of bounce-********@g0zs8omwfqere.link designates 114.113.195.101 as permitted sender) receiver=re27.leadw.link; client-ip=114.113.195.101; envelope-from=bounce-********@g0zs8omwfqere.link;

Authentication-Results: ********  from=kldoqzn6x62p3.top; domainkeys=neutral (no sig); dkim=neutral (no sig); header.i=@kldoqzn6x62p3.top

Received: from 114.113.195.101  (EHLO re27.leadw.link) (114.113.195.101)

Received: from kldoqzn6x62p3.top (static-ip.137.54.244.103.rev.i4hk.com [103.244.54.137])



103.244.54.137から114.113.195.101を経由して受け取ってます。
メールヘッダに関しては、一応受信したサーバーや、私のメアドが出てる部分は伏せたり消したりしました。

Received-SPFをpassしているので、直前の中継サーバーのIPだけは確実な情報と見て良さそうです。
114.113.195.101を当たってみますか。

114.113.195.101 - bgp.he.net

http://bgp.he.net/ip/114.113.195.101


はい、迷惑メールを調べたことのある人なら、上のBGPtoolkitのページ見ただけでピンと来ますね。
Eric Tamです。

数年前、MuramatsuGroupの迷惑メールを調べると、必ずと言っていいほどメールを投げてる送信サーバーの管理者はこいつでした。
実在するかどうかは怪しいですが。

上記IPは、AS133027 Eric TamのPrefixes v4に入ってます。

AS133027 Eric Tam - bgp.he.net

http://bgp.he.net/AS133027#_prefixes


Eric Tamの連絡先がPacnetJapanになったままですね。
Pacnetは2015年には豪テルストラに買収されていたようです。
まぁこの連絡先も適当に書いたのかも知れませんが。

しかし、こんないい加減な情報をWhoisに上げるような奴が、簡単にAS番号って貰えるんでしょうか。よくわかりませんが。

というわけで、この偽告訴詐欺のバックにもMuramatsuGroupがいるんじゃないでしょうか。

 

※続きを書きました。↓

muramatsugroupkiller.hatenablog.com